Entries

どうも、僕です。
この書き出しをするのもずいぶんと久しぶりな気がする。まあいい。

うっかり意図せぬところで意図せぬものを見てしまったのでどろりとしている。特別なにも考えずに行動したことが他人の性格に影響を与えてしまったらしい。大きな影響、とまでは言いたくないが、少なくとも深夜にぼそっと強めの(訂正、別に強く思った訳ではないらしい)感情を書き付けて、消して、改めてふんわり書き残すというのは、なにかしらあるのは間違いなくて僕はピャーとなっている。ピャーとは一体。しかし他にうまく心情を表現しにくい。
こういうのはひどく苦手だ。僕はべつに何か意図があって行動したわけではないし、その時したいことをしただけで、彼方に反省を促したかったわけでも僕の個人的な価値観で批判したつもりもないのに、それがなぜか彼方に刺さってしまった。良いほうに作用したのはたまたまで、それも彼方が良いほうに受け止めようと努力した結果だ。僕が何も考えずに適当にやったことで、良し悪しさておき彼方の人間性を変えてしまったかもしれないというのが大変しんどい。一言で言うとピャー。これを彼方が悪く受け止めてしまっていたらと思うとこれはもう大いにピャー。ピャーでは済まされぬ。由々しきピャー。
他人に影響を与えたくない。僕が影響を与えられたくないからだ。客観的に見て大変つまらん考え方だとは承知している。それでいて与えられたくないというのは僕の芯が曲がるからに他ならん。影響を受け止めきれるほどの器がないので歪になる。嫌悪感が残る。他人はどうかしらんが僕はいやなので、いやなことを他人にしたくはない、そこに良悪の有無は関係ない。
こんなことを目に見えるところで言えば良く思われないだろうからここで書いた訳だけど、もしこれを見てしまったとしても罪悪感を感じないでほしい。これは僕の問題なので気にする必要はまったくない。人一倍他人の感情に敏感っぽいのでそこが少し気にかかる、いつでも楽しくあってほしい。
あー、ピャー。僕は君らが気にかけるほど良いものではない。道端の小石程度の意識で接してもらいたい。たまたま他人に良い影響を与えられたことに大して諸手で喜べるような人間性も兼ね備えてはいない。

新春早々にくそ面倒なことを言い放ってしまった。どうにもどろりとしている。
平たく薄く、ニュートラルに生きたい。
関連記事

Appendix

浅野あわわ

PV

CURRENT MOON

SEARCH

EVENT LINK